ジャスネット ジャパンエアシステムネットワーク
製品情報バージョンアップ情報導入実績資料印刷ページ導入セミナーお問い合わせホーム
整備情報システム


3タイプデータ源対応の予測飛行時間管理の最適化
従来タイプの予測飛行時間
整備要目の整備限界日算出/リメイン算出は、先行期間におけるアバウトな予測飛行時間・サイクルデータを基準としているのが一般的です。つまり、計画運航ダイヤや1日ごとの時間データまでは対応できていません。
3タイプのデータ源対応の予測飛行時間


整備分布シミュレーションの基準となる予測飛行時間データは、3タイプのデータ源に対応しています。
 1.システム画面上での手入力(事業計画データ)
 2.Excelデータ読込み: 運航ダイヤ
 3.Excelデータ読込み: 予測飛行時間(事業計画データ)


運航ダイヤ
運航ダイヤ適用の場合は、Excelシートの読込み時点で Daily 単位の予測飛行時間並びにサイクルを集計取得しますので、特別の手間をかけずに高精度の Daily予測j飛行時間データを得ることができます。少数フリートや精密管理が求められるケース向きといえます。

精密整備分布
くっきりとした精密な整備分布は、予測飛行時間データに依存します。最高精度の整備分布は運航ダイヤ直結で得られますが、一般的な予測飛行時間を適用の場合でも事業計画対応期間に加えて日別にも設定できますので、相応の精度を得ることができます。

 




参加企業 | 事務局 | 会社案内

Copyright© 2011 Jass-net.com.All reserved